自分の施術で患者が元気になる

鍼と本

鍼灸師とは、鍼や灸を使って患者の悩みに対応する医療従事者のことを言います。医師や看護師と同じく国家資格が必要な職業で、独立して開業している方も多く、町中などでも看板やクリニックを見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。東洋医学を基本としていて、病気や不調に対して西洋医学とは少し異なる見解を持つ専門的な医療職ですが、消化器系や神経系、婦人系や循環器系など様々な疾患に対応できる医療として人気があります。また、肩こりや腰痛などの慢性的な不調に対してもアプローチが可能なため、継続的に通院する患者も多いです。なお、脈を測ったり舌を見たりする診察も行われますが、西洋医学のように診察後に薬の提供で診療が終わるのではなく、その場で施術が行われるので鍼灸師にはコミュニケーション能力が求められます。患者の悩みや痛みを聞きながら、適切な施術を行うため患者との円滑なコミュニケーションは必須で、人と向き合い話すことが好きな方に向いている職業です。さらに、患者の免疫力や治癒力を引き出す鍼灸の治療はやりがいもあり、日進月歩する医療界では学ぶことも多いのでスキルアップも可能となっています。鍼灸師は医療者としても、人としても成長していくことができる医療なのです。

就職先は美容でも、スポーツでも

鍼

なお、鍼灸師になるには高校を卒業後、大学や短大、専門学校などで3年以上学ぶ必要があります。3年以上学んで初めて国家試験を受験する資格を得ることができ、試験の合格で鍼灸師としての資格を取得することが可能となります。この時気を付けたいのは国家資格は鍼か灸かのどちらかではなく、鍼と灸の両方の資格が必要となりますので注意しましょう。また、あん摩マッサージ指圧師の資格も取得しておくと、就職先の幅が広がるため有利です。鍼灸師になるための勉強は、人体や解剖学、衛生学や病理学などたくさんありますが、特徴的な勉強はツボと呼ばれる経絡についてです。どの部分のツボが何に作用するのか、またツボの名前など暗記することは多いですが、身に付けると試験の合格は勿論のこと、実際の診療にも役立ちますので力を入れたいところです。なお、鍼灸師は東洋医学がベースと言っても、医療関係について専門的に学ぶことが大切なため基礎的な西洋医学も学びます。試験の科目にも出題される分野ですので、基本的な医療知識と専門的な勉強をすることになります。また、鍼灸師は一般的な鍼灸のクリニックだけではなく、美容系や婦人科系のクリニックでも働くことが可能です。スポーツの分野でも鍼灸の施術は支持が高く、就職先の幅も広い職業と言えるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中