HOME>特集>学校を卒業して国家試験に合格することが大切

学校にいこう

鍼

鍼灸師を目指すなら、必ず行わなければいけないのは、専門のカリキュラムが用意されている学校に通うことです。カリキュラムがあると公言する、専門学校と大学の二つの学校のどちらかを選び、鍼灸師になるための勉強を教えてもらいましょう。現在ではどこの学校でも公式ホームページを運営しているので、そちらに目を通して見れば、カリキュラムがあるかどうかをハッキリと確認できます。

しっかりと学ぼう

鍼治療

学校では鍼灸師として活躍するための技術や知識をいろいろと教えてくれるので、しっかりと習得しましょう。カリキュラムを適当にやっていては、卒業後に働き始めてから実力不足を思い知らされることになるでしょう。

卒業後の試験に合格しよう

卒業後にある国家試験に合格することで、鍼灸師としていろいろな施設で働けるようになります。国家試験に落ちてしまうと卒業したとしても鍼灸師を名乗ってはいけないので、働きたいなら絶対に合格するようにしましょう。

落ちてしまってもチャンスはある

鍼灸師の国家試験に落ちてしまっても、次の年にもしっかりとチャンスがあるので安心しましょう。ただし、一度落ちた方は、学校を卒業した現役生よりも合格率が低いため、一生懸命勉強しなければ受かるのは難しいので注意しなければいけません。

RVP2テキストリンク1

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-1

RVP2テキストリンク2

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-2

RVP2テキストリンク3

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-3

RVP2テキストリンク4

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-4

RVP2テキストリンク5

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-5

広告募集中