HOME>イチオシ情報>全身のツボを刺激して循環をもとの状態に戻そう
施術室

疲労が抜けないと感じた時に

朝起きたときに体が重く感じたり、しっかりと寝たはずなのに足りないと感じたりするときには体の中に疲労物質がたまっている証拠です。本来は寝ている間に代謝によって疲労物質を分解してなくなるというメカニズムですが、ストレスや生活習慣の乱れが続くと代謝が乱れてしまい疲労が抜けなくなります。疲労が抜けないと感じた時には休みを取って休息をするだけでなく、体の循環を元に戻す必要があります。その方法の一つが鍼灸師での鍼灸であり、特注の針を刺してそこに熱を送って全身のツボを刺激する東洋医学です。全身にはツボがあって、欠陥と密接にかかわっているので刺激をすることで循環を戻します。

鍼灸には電熱と薬草のタイプがある

鍼灸師が行う鍼灸治療には、基本的に電熱と薬草を熱する従来の方法があります。薬草を煎じて行うのは従来の方法で、針を刺した後に上部に薬草を固めたものを乗せます。薬草にライターなどで火をつけて炙り、その熱で刺激をします。熱で刺激をするだけでなく、薬草にはリラックス効果があるので疲労回復効果が期待できます。最新型の鍼灸が電熱式であり、バッテリーで電気を起こして針に直結し熱を生み出す方法です。この方法だと強力な熱を生み出し、筋肉の硬直や冷え性で凝り固まっている血管を拡張することができるので使い分けるとよいです。

広告募集中